安くて朝に到着するのが夜行バスが持つメリット

寝ている間に移動

車内

設備が整っているので快適なバス移動

最近では、夜行バスは安ければよいという考え方は鳴りを潜め、設備が整っていて快適に移動することができるラグジュアリーなタイプがもてはやされるようになりました。高級志向の夜行バスの場合、乗車をすると乗務員がおしぼりとお水を持って挨拶に来てくれます。少し過剰サービスのような気がしますが、長旅を少しでも快適なものにしようという企業努力が垣間見えます。ラグジュアリーな夜行バスを利用する一番のメリットは、疲れないという点にあります。疲れない秘密は座席にあって、座席の開発にかなり費用を投じていることがわかる構造になっています。一人一人個室になっているバスでは、周囲を気にすることなくリクライニングを倒すことができる点が魅力です。ただし、日本の法律では完全に横になることができないため、腰に負担がかからないようにと座席のリクライニングに工夫が凝らされているのです。完全に横になることはできませんが、体に負担をかけず、リラックスして休むことができるため、長距離をバスで移動しても翌日全く疲れ知らずで下車をすることができます。夜行バスの高級志向が進んだ結果、各バス会社ともにリクライニングシートの開発に力を入れているのです。個室空間のある夜行バスでは、空気清浄機やエンターテインメントのサービスも充実しています。取り付けられたタブレットを使用してアニメや映画を視聴することができる、まさにいたれりつくせりの夜行バスです。

Copyright© 2019 安くて朝に到着するのが夜行バスが持つメリット All Rights Reserved.